足に合った靴選びは健康への第一歩!

昨日、夫と共に新しい靴に買い替えました!

靴は体の土台である足をサポートする重要な役目があります。足に合った靴を履くことにより、足指が使える環境になり、踏ん張りが効いて体の重心が安定します。足指が使えると血行が良くなり、免疫力も上がります。歩くことも苦痛でなくなり、長い距離を歩くことができ健康維持が期待できます。

逆に

合わない靴を履くことによって足を歪ませ、さらには体全体を歪ませ、膝痛、腰痛、股関節痛、肩こりなどの不調に繋がってしまうほどの悪影響があります。

靴は靴でも…

足に合った靴 → 体を健康に導く
足に合わない靴 → 体に不調をもたらす

これだけ大きな違いがあるのです。
 
靴にも寿命があり機能も低下してきます。年に一度は靴を見直し、買い替えのタイミングを作ると良いかもしれません。ちなみに、私は誕生日には靴をプレゼントしてもらうことにしています。
今年の誕生日も健康を願って靴をプレゼントしてもらいました。

夫も一緒に買い替え!

そしてお互いにフィートインデザインのオーソティクスは必須。”足腰救済に欠かせない存在” バッチリセットしました!老後も元気に歩ける環境を今から作っています!
 
足の大切さを知れば知るほど今までの適当な靴選びが恐ろしかったことがわかります。

もう遅い!なんて年齢はありません。何歳からでも足育は始められます。
 
皆様も靴選びからの足育を始めませんか?

健康は足元から。ハッピーウォーク♪♪♪